渋谷まる福

障がい者就労支援事業ホープ就労支援センター

NPO法人日本園芸療法士協会との共同運営により、 2013年2月に東京都渋谷区、 そして、6月に宮城県亘理町にて、 ホープ就労支援センターを開設いたしました。 どちらも地域におけるA型事業所の第1号として営業を始めました。 2015年8月、NPO法人日本園芸療法士協会より事業譲受され、 ホープワールドワイド・ジャパンが継続いて運営していくこととなりました。

就労支援事業とは

調理風景

国の障がい者自立支援法に基づいた事業施設で、一般企業への就職が困難な障がい者(精神・知的・身体)に就労機会を提供し、職業訓練などの障がい福祉サービスを供与することを目的としています。

A型事業所は障がい者と雇用契約を結び、原則として最低賃金を保障しています。体調が安定し作業も安定して行えるが体力的には一般企業でまだ難しい、自信がない方が利用されています。

B型事業所は、体調がまだそれほど安定していない中で、出来るときに利用して体力づくりや社会交流の機会を持ちながら就労の訓練の場として利用されています。

ホープ就労支援センター渋谷

ホープ就労支援センター

2013年に渋谷区初台において、渋谷区唯一の就労継続支援A型の施設として、ホープ就労支援センター「渋谷まる福」をスタートして就労支援事業を継続してきましたが、2015年に渋谷区からの支援もあって渋谷区旧笹塚集会所を借り受けて移転することになり、9月5日に「ホープ就労支援センター渋谷」としてリニューアルオープン致しました。

さらに、2016年4月にはホープ就労支援センター渋谷では就労継続支援B型事業所を併設し、多機能型事業所として再スタートいたしました。

「働く人が幸せ、お客様が幸せ、社会が幸せ」が施設の理念です。これからも生産活動を通して、社会参加や社会復帰を実現していけるよう支援していくことを目指しています。

渋谷まる福(渋谷区 笹塚)

イメージ1

白砂糖やトランス脂肪酸を含む油を使用せず、国産小麦やアルミフリーのベーキングパウダーを使用するなど 素材にこだわったパンとスイーツの製造販売を行っています。 一つ一つが手作り、保存料など添加物を使用していない素材本来の味を味わえる商品作りを目指しています。

身体に優しいパンとスイーツ作る 渋谷区の就労継続支援A型事業所

パン
パンを作っている写真

2013年2月1日渋谷区初台に開設し、 2015年9月5日に渋谷区笹塚へ移転しました。

手作りパン、焼き菓子などの製造・販売を行っています。 現在、約20名以上の方が利用しており、 それぞれ目標を持って働いています。 「焼き菓子をうまく焼けるようになりたい」、 「接客をうまくなりたい」、「体力をつけて一般就労をしたい」 など、目標に向かって努力し達成する喜びを感じています。

店舗情報

店舗名: 渋谷まる福
(就労継続支援A型事業所)
開設日: 2013年2月1日
所在地: 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-16-1 ホープ就労支援センター渋谷1階
TEL: 03-6300-5240
営業時間: 月~土曜日 11時~18時 定休日:日曜日(祝日は通常営業)
facebook https://www.facebook.com/marufuku4happiness/
Twitter https://twitter.com/shibuyamarufuku
店舗写真